カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

ガンスタ的面白舶来映画。



皆さまご無沙汰しております。店主のENGENです。
昨年末から年始にかけて、某公共放送の番組製作に関わっていまして、ブログ更新サボりっぱなしでした。
ホント申しわけないっす。とは言いつつも・・・  
映画好きな性分だけはどうしようもなく、仕事の隙間を見つけては、こっそり見ておりました。

そういえば、「最近は、一部の邦画にしか客が入らない」と東宝の偉い方がボヤいてましたが、それもそのハズ。
テレビ局が出資して製作した映画を、自分とこの電波を使ってガンガン宣伝するんだもんなぁ・・・。
でも、よくよく考えると、これって電波の公共性を無視した職権乱用じゃねぇの??

邦画にも洋画にも面白い作品はたくさんあります。
にもかかわらず、テレビ局がお金を出してる映画しか注目されないのが問題なんです。憂えてます。マジで・・・。
というわけで、今回は、あくまで個人的にハマった海外作品の話をさせていただきます。
でも、オイラは映画評論家じゃないので、後で皆さんが見て面白くなくても文句は言わんでね。

まずは、ユニバーサル映画100周年記念として製作された「バトルシップ」。



主人公の成長物語、ライバルとの友情、美女(しかも巨乳)との恋模様、手強い敵とのバトル、クールなメカの数々・・・。
男の好きな物がてんこ盛りで、面白くないわけがない。
80年代の大ヒット作「トップガン」を海洋版にして、エイリアンの侵略物をミックスしたような感じかな。
バリアによる限定空間を設け、エイリアンの戦闘兵器と日米のイージス艦とが互角にバトルを繰り広げる設定が秀逸でシビれます。 映画評論家の評価が低いって?そんな意見にはハープーンミサイルでもぶっ放してやりゃーいいぜ。

続いては、ブロードウェイの大人気ミュージカルを映画化した「ロック・オブ・エイジズ」。



80年代に青春真っ盛りだったオヤジ達なら、ぜってーハイになれる感涙もんのロックオペラです。
全ての世代が満足出来る作品じゃないけど、若い奴にも夢に向かって突っ走る事の素晴らしさを教えてくれるハズ。
不況、戦争、いじめ、ぜーんぶロックが解決してくれる・・・そんな気分にさせてくれる秀作です。
ストーリーがチープだって?評論家の意見なんかどーでもイイの。
だって、燃えるロック魂を超えるものなんてありゃしねーんだから。全ては、ミューズ(詩神)の心のままに・・・ 

他にもいろいろあります。例えば、インドネシアのアクション映画「ザ・レイド」。
セリフを極力排除し、徹底的にアクションで勝負する潔さが凄い!痛みを感じる演出は、まさに猪木イズムか?!
日本のアクション映画も、ぜひ参考にしてもらいたいね。



最近では、「アイアン・スカイ」も良かったね。シニカルなのに意外にも深遠なストーリーにビックリ。
過去の呪縛に囚われし滑稽過ぎるナチの残党たち。その姿を通して現世を風刺するオフビートな視点が面白い。
個人的には、月面ナチスの戦闘メカのデザインが超クールでツボでした。 巨乳ちゃんも大暴れ。



残念なのは、どれもフィギュアがないって事だね。あれば絶対買うのに・・・。
おもちゃメーカーさんも、売れ筋ばっかじゃなくて、もっと広い視点で商品開発して欲しいと思います。

ちなみに、「ピラニア」のリメイク版も良かったです。モンスター、鮮血、巨乳、それだけ揃えば何も言うことなし。
でも、2はアカンかったな。エロ度が足らん・・・。
あと、「アベンジャーズ」は、言わずもがなって事でお願いします。もち、オモロイって意味です。

(文:店主 ENGEN/2013・6)

お宝新聞♯1 お宝新聞♯2 お宝新聞♯3 お宝新聞♯4
お宝新聞♯5 お宝新聞♯6 お宝新聞♯7 お宝新聞♯8
お宝新聞♯9 お宝新聞♯10 お宝新聞♯11 お宝新聞♯12
お宝新聞♯13 お宝新聞♯14 お宝新聞♯15 お宝新聞♯16
お宝新聞♯17 お宝新聞♯18 お宝新聞♯19 お宝新聞♯20
お宝新聞♯21 お宝新聞♯22 お宝新聞♯23 お宝新聞♯24

ページトップへ