カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー試写会レビュー!



店主のENGENです。
8月末に、アメキャラ系ライターの 杉山すぴ豊さん とお会いしました。
今後、注目のアメコミ映画は何ですか? と聞いてみたところ、
すぴさん曰く、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が超オススメとのこと!

アメコミを知り尽くした男が絶賛するんだから、こりゃあ観るしかないでしょう。
というわけで、早速、試写会(9/5)へ参加してまいりました。
マーベル・スタジオが送る最新作!“銀河の守護者”たちの活躍やいかに?!
ネタばれしない程度に映画の感想とまいります・・・。



主人公のトレジャー・ハンター、ピーター・クイルをはじめ、暗殺者、賞金稼ぎ、クリーチャーなど、
おおよそヒーローらしくない、5人の“はみだし者(アライグマもいるけど)”が、
対立しながらも一致団結して、銀河滅亡の危機を救っちゃうという激熱なストーリー。
広大な宇宙を移動しながら展開するスケールの大きなバトルが圧巻です!

登場人物が多いと、それだけで散漫になりがちだけど、1人1人のキャラが立ってて最後まで飽きないっす。
そういや、マーベル映画の群像劇がお見事なのは、「アベンジャーズ」で実証済みだったよね。

あと、40代以上の人なら絶対ツボなのが、全編に散りばめられた70年代ミュージックの最強ミックス!
「デヴィット・ボウイ」や「ジャクソン5」といったメジャー級アーティストから、レアなミュージシャンまで。
70’ヒットソングが、型破りなガーディアンズ達の活躍を、さらに盛り上げてくれます。
まさに、ノリノリで楽しめるスペース・アクション・アドベンチャー超大作って感じだね。

「アベンジャーズ」に、チラっと出てきたアイツもいて、ヤバイ存在感放ってました。
今後登場するマーベル・ヒーロー達とのクロスオーバーが、本当に楽しみな作品です。
ピーター・クイルを演じるクリス・プラットは、イケメンなのにギャグのセンスも抜群!
アライグマのロケットは、凶暴なのに見た目が超キュート。このギャップに、女性も絶対ハマると思います。

皆さんも、宇宙最凶チーム「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の活躍をお見逃しなく!

(文:店主 ENGEN/2015・08)

お宝新聞♯1 お宝新聞♯2 お宝新聞♯3 お宝新聞♯4
お宝新聞♯5 お宝新聞♯6 お宝新聞♯7 お宝新聞♯8
お宝新聞♯9 お宝新聞♯10 お宝新聞♯11 お宝新聞♯12
お宝新聞♯13 お宝新聞♯14 お宝新聞♯15 お宝新聞♯16
お宝新聞♯17 お宝新聞♯18 お宝新聞♯19 お宝新聞♯20
お宝新聞♯21 お宝新聞♯22 お宝新聞♯23 お宝新聞♯24

ページトップへ